誰でも実践できるポイントがある

傷つけない洗い方をマスターする

髪の毛より頭皮を優先する

綺麗で丈夫な髪の毛を育てるためには、頭皮環境を整える必要があります。
頭皮が汚れていたり、傷ついていたりすると栄養をうまく作れず、髪の毛の先端まで行き渡りません。
すると髪の毛が弱って抜けたり、生えなくなったりしてしまいます。
これが髪の毛のトラブルの原因なので、シャンプーで頭皮環境を綺麗にすることを心がけましょう。
つまりシャンプーの時に、髪の毛を中心に洗うことは間違っています。

頭皮の皮脂や汚れを落とせるように、髪の毛を分けながら丁寧に洗いましょう。
また泡を洗い流す時も同じように、髪の毛を分けてください。
そしてシャワーをきちんと頭皮に当てることで、シャンプーの泡が残らず、汚れと共に洗い流すことができます。

余計なダメージを与えないように

シャンプー中は、絶対に頭皮を傷つけないでください。
そのためには、爪を立てないことを守りましょう。
どんなに弱い力で洗っていても、爪を立てると、頭皮にダメージを与えてしまいます。
それが髪の毛の育成を妨げるので、指の腹でマッサージをする意識を持ってください。

またシャンプーに、時間をかけすぎないこともコツです。
長くシャンプーの泡を頭皮や髪の毛につけているとダメージに繋がるので、1分半以内に終わらせることを目標にしましょう。
そして洗い流す時は、ぬるま湯を使うのがベストです。
冷水や熱湯は汚れが残ったり、必要な皮脂まで洗い流したりするリスクがあり、おすすめできません。
そのため、しっかりと温度をチェックしましょう。


この記事をシェアする